〒177-0041 東京都練馬区石神井3-30-20 コーポ田嶋1F

診療時間 9:00-12:00 / 14:00-18:00

休診日:土曜日午後、日曜、
祝日およびその振替休日

お電話は診療時間内に

03-6913-3925

サンキューニコニコ

大腸カプセル内視鏡検査

 健康診断で便潜血陽性が出てしまって要精密検査指示となっているのに、嫌でそのままにしている人いませんか?あるいは便に血が混じっているように感じるのだけど、大腸内視鏡検査なんて受けたくない!!と自己ストライキを起こしている人いませんか?痔があるので便潜血検査は陽性になるのに決まっているので大腸全体を調べる精密検査なんて受ける意味がないと決めつけてしまっている人いませんか?そんな人におすすめするのが大腸カプセル内視鏡検査です。

 便秘がひどい人は、直ぐには受けられません。便秘の治療をして、毎日排便があるようになってからになります。カプセルが飲めない人もできません。診察の際にカプセル内視鏡検査で大腸を調べることが出来そうかどうかを判断します。難しいようなら病院での大腸内視鏡検査を御紹介しますので御安心ください。このように必ずしも希望者全員がカプセル内視鏡検査が可能とは限りませんので御了承ください。なお当院では、カプセルを飲む以外の下剤を飲む作業はすべて御自宅で行っていただきます。クリニックに滞在し続けての検査はできませんので、あらかじめご了承ください。

”カプセル内視鏡”という選択肢

「健康診断での”便潜血陽性“イコール”大腸内視鏡検査”」という図式に抵抗を感じる方も多いのではないかと思います。この両者のギャップが大き過ぎて、とにかくにわかには受け入れ難い・・・・というのが普通の感覚だと私は思っていました。そして実際に大腸内視鏡検査に病院に行って頂くと、「異常なし」つまり病変が見つからなかったという結果をお持ちになって病院から帰って来られる方が比較的多いことに気が付きました。2リッターの洗浄水を飲み続け腸の中を洗浄する検査前処置はとても大変で、初めてこれを行う方は地獄の責め苦のようだったと感想を述べられる方が多いです。それなのに、結果が「病変見つからず異常なし」だったなんて・・・・がっかりされる方が多くて、病院に送り出した側の人間としては、う~ん、本当に良かったのだろうか?と自問自答してしまうこともあります。そこでカプセル内視鏡というものがあるのを知りました。これは間違いなく、両者のギャップを埋めるものです。2リッターの洗浄水=下剤を飲み続ける検査前処置は同じですが、カプセルを飲むことで済む・・・・これは意識の問題としてですが、人間としての尊厳を尊重されているような気がします。もちろん大腸ポリープや大腸がんなどがカプセル内視鏡で発見されれば、病院へ行って、再度、同じ前処置を繰り返して内視鏡手術を受けなくてはいけませんが、それはそれで覚悟を持って受けられるというものです。そんなまだるっこしいことは嫌だという人は大腸内視鏡検査を直接受ければ良い訳ですし、過去に何度も大腸内視鏡検査を受けていて抵抗感ない人は直接内視鏡検査を受けて何の差支えもありません。

恩師の死を受けて身にしみた大腸検査の必要性

学生時代、医学部2年生くらいだったでしょうか?私がいた小グループ担当の解剖学の教授が在任中に大腸がんにて逝去されるという突然の出来事が起きました。もともと痔があったため、健康診断で繰り返し便潜血陽性となるのは当然ということで、大腸(当時はバリウム)検査を受けていなかったと聞きました。発見時には手遅れであったようです。このように便潜血検査では、痔があって(ほとんどは痛みを感じない部分にできる内痔核なので本人にはわかりません)陽性になっているのか、それよりも奥のほうの大腸にポリープやがんがあって、そこからの出血なのかの判別ができません。これが便潜血検査のネックなのです。30年以上の時を越えて、バリウム検査では発見できない粘膜異常まで判る大腸内視鏡検査が普及しました。日本人は器用で腕が良い医師が多数おられたため、達人・名人と言われる内視鏡医が多数出現し、次々と早期の悪性病変まで発見されることとなりました。しかし、内視鏡を肛門からですか?と抵抗のある人は30年経とうが同じようにいて、どんなに呼び掛けても、内視鏡検査の意欲は出て来ません。それではカプセルを飲むのではどうですか?あなたの人間としての尊厳は脅かしていませんよね。だから、お勧めします。それが大腸カプセル内視鏡です。お勧めします。あなたをがんでなくしたくないからです。

 

通常の大腸内視鏡検査(最近は麻酔が発達しているので、麻酔さえ上手にやれば決して苦しいというものではありません)

カプセル内視鏡検査では、カプセルを飲む前後に腸管洗浄剤=下剤を飲みます。検査は大腸内視鏡検査よりもずっと長くかかりますので、ゆっくり構えて取り組んでください。

後日、検査内容をパソコンにて閲覧し読影します。

検査結果について御説明します。

 

保険適用には適用条件があります

 大腸カプセル内視鏡は、誰にでも使って頂きたい検査方法ですが、保険診療のため、関係当局が定めた適用条件があります。これに該当するかどうかは、初診時にお話しをお聞きして医師が判断します。なのでゆっくり時間を取って診察できるようにできるだけPMの外来診察時間に来院いただくことをお勧めいたします。

アクセス

03-6913-3925

クリニック住所

〒177-0041
東京都練馬区石神井(しゃくじい)町(まち)3-30-20 コーポ田嶋1F

★西武池袋線
石神井(しゃくじい)公園駅西口から4分 
富士街道沿い       石神井庁舎と石神井警察署の間にあります。
★当院には駐車場がありません。近隣にコインパーキングが複数ございますので、そちらを御利用ください。
★石神井あんずクリニック跡地です。
★カモシタJSビルの向かいで理髪店こだまのとなりです。

診療時間

9:00-12:00 / 14:00-18:00

上記は診療受付時間となります。

休診日

土曜日午後(第一土曜日をのぞく)、日曜、祝日  年末年始、夏季(クリニックの休診日)
★平日は休みはありません。水曜日も診療しています。